結婚式とモンスーンの雨

『モンスーン・ウエディング』

2001年製作のインド映画(アメリカ・フランス・イタリア合作)。監督はミーラー・ナイール。2001年のヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。


インド伝統の結婚式を舞台にした群像劇。
親が持ってきた縁談で結婚することになったアディティ。父親はインド伝統の結婚式を盛大に開こうと奮闘し、世界中から親族がやってくる…。


おススメの映画。

インド映画っていうと意味も無く歌って踊るってイメージがあったんだけど、これは良いよ。
たしかに歌も踊りもあるけど、ミュージカルじゃなくて物語に自然に入ってるし。


映画の中には日本人がイメージするインドがあふれている。
服だったり、音楽だったり、街中の様子だったり、コンピューターのエンジニアだったり。
ただ、意外だったのはインド人って全員じゃないんだろうけど英語喋るんだね。インド語だと思ってたよ。


物語で主に描かれているのは
1、不倫を断ち切れない花嫁のアディティ。
2、独身の従姉の隠された過去。
3、ウエディングプランナーとアディティの家の女中の恋愛。
4、父の家族愛。

各ポイントに偏り無くスポットライトが当てられていて、奇をてらった展開があるわけじゃないけど感情移入しやすい。
特にラストの父親のカッコ良さがたまらない!劇中で一番泣ける場面だと思う!

一つ一つと絡まった糸がほどけていって迎える大円団のエンディングも明るい気持ちになれる華やかさ。


そしてインド美人は素晴らしい!(笑)女中のアリス演じるティロタマ・ショームが凄く良い感じだったよ。


誰にも勧められる良作のヒューマンドラマだったので、是非観て下さい☆。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-10 22:29 | 映画