本格合気道マンガ

『Evil Heart』

e0128729_233579.jpg
武富智というマンガ家をご存知でしょうか。
調べ物に使いまくってるWikipediaで検索しても掲載されてないんで、おそらく相当マイナーなマンガ家であるようだ。

ヤングジャンプ+増刊号を活躍の場としていて、「甘酸っぱい」ないし「切ない」作品が多い。
今回は、良作を描いても知名度がイマイチ上がっていかない武富智の作品のひとつについて。


『Evil Heart』はかなりレアな本格合気道マンガです。そして、おそらく そうであるがゆえに雑誌連載は打ち切られたと考えられる。
3巻「心編」までヤングジャンプでの連載を終了。その後「気編」が書き下ろしで出版、HPによると現在「完結編」を製作中らしい。
ジャンルがマイナー過ぎたねぇ。


だいたいのあらすじを入れとくと、
兄の家庭内暴力から家族を守るために力を欲する中1のウメが、カナダ人教師ダニエルを通じて合気道と出会い成長していく物語といったところかな。

おそらく合気道の精神性をここまで見事に描くマンガはこれまでなかったと思うし、これからも出ないんじゃないだろうか。
そもそも合気道(流派は合気会)には試合すらないわけで、それを舞台に物語を作るのもなかなか難しいはず。
かといって『ホーリーランド』のような格闘系のマンガに合気道を持ち込むのも、あまりしっくりいかないし、現実性もない。

その点『Evil Heart』は個人の成長に合気道の理想を重ねていくことで上手くドラマが構築されている。


これ読んで初めてマンガでマジ泣きしたよ。
めっちゃ面白いよ!マニアックなもの好きな人ならかなりツボにくると思う!

特に「スーパー合気道ガール」鶴が出てきた心編とダニエル先生の過去が明かされる気編は凄く良い!
ストーリーテラーとしての武富智の実力がいかんともなく発揮されている傑作。

実は電卓式、合気道歴20ヶ月で現在2級の合気道青年です。
まぁこのマンガ買ったのが合気道始めた後なんで、「『Evil Heart』読んで合気道始めました!」ってワケじゃないんだけど、はまるきっかけにはなっていると思う。

実際のところ、作中いくつか合気道やってないとキャラの動きや稽古法に伝わりにくいところもあるとは思うけど…。
合気道の理想だけじゃなくて現実もキチンと描かれているし、知らない人にも読んでもらいたいなぁ。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-03-13 00:41 | マンガ