まさに傑作SF!

『12モンキーズ』

人類の99%が謎のウィルスで死滅した2035年の世界から原因を探るために1996年へと送られた囚人がキーワード“12モンキーズ”を追いかけていく話。

痴豚様こと伊集院光氏が大好きだという映画監督テリー・ギリアム(ちなみに私が敬愛するマンガ家・冬目景氏も好きな映画監督の中に上げている。)の1995年の作品。

これは…面白い!完璧だぁ。

ブラッド・ピットの怪演がインパクト強し。

物語の前半からだと未来に人類のほとんどが死滅して云々のところが妄想なんじゃないかと思わせる展開。
1996年に送られるはずが1990年に間違って送られたブルース・ウィリス演じるジェームズは逮捕された挙句、精神病に監禁されてしまう。
この逮捕されるところがすっぽり抜けて精神病にいるところに場面が跳んでいることと、精神病院の面談の様子が未来の刑務所での面談とリンクしていること、そして未来の世界が妙に現実感を欠いていることから、現実がどっちなのか観ていても判断が出来ない。

後半にはいるところのワンカットでジェームズの証言がホントな事が分かるんだけど(ここがまたうまい!)、ここから逆にジェームズが自分の証言を疑い始めてしまう。
あまりに絶望的な未来から逃れるために、“辛い現実から逃れるために未来の世界を救うという妄想を描いている”という妄想の世界を造り上げていこうとするジェームズ。
真相に気付いてしまった精神科の女医キャスリンは、逆に妄想に取り付かれているかのような扱いを受けてしまう。
真相は一つであるにも関わらず、常識が邪魔をしてなかなかそこにたどり着けなくて、観ていてどうなるのかがまったく予想できないんだよ。
物語の醍醐味はまさにこれだ!ってくらい面白い。

物理学者ホーキングは「未来から訪問者が我々の世界に押しかけてきていないことが、タイムマシン理論が有り得ないという証拠である」と語っているけど、必ずしもそうでもないような気がしてきたよ。
一体誰がそれを信じるというのだ、ということなんだよね。

仮に自分が突然過去に飛ばされたとして、誰かが自分の話を信じてくれるとは思えない。未来の世界のことを細かく喋ることは出来ても、自分はインターネットどころかテレビも電話もどんな理屈で動いているのか知らないんだから、普通の感性の人は妄想としてあつかうだろうよ。


して、物語は後半。次から次へと伏線を解消していく怒涛の展開。見事などんでん返し!そして予告されていたエンディングへ!!
うぉぉぉ!と叫びたくなるくらい作品にのめりこんでいた。

パラドックスは生じない、何故なら彼は起こることを知らなかったのだからー。

絶望的なエンディングではあるけどね。最高に楽しかったよ。

映画でも小説でもマンガでもアニメでも、まだみたことのない素晴らしきものが死ぬほど残っているんだなぁと最近つくづく思うよ。
やっぱり“物語”は素敵だ☆(笑)

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-04-08 00:02 | 映画