『鉄風』 第1話・眉毛が太い

太田モアレ
good!アフタヌーン


11月7日、アフタヌーンの増刊号「good!アフタヌーン」が創刊された。
私は『地獄堂霊界通信』のみもり先生の作品が好きなこともあり、発売日の朝に大学行きがてら本屋で入手。


「good!アフタヌーン」は、談社がかなり力を入れて来たらしく、アフタヌーンの看板である藤村康介や沙村宏明のほか、高橋ツトム・石川雅之・麻生みことといった面子が連載陣に名を占める増刊号とは思えぬ豪華な雑誌となっている。

しかしながら、そんな綺羅星のごとく輝く執筆陣が描く第1話達の中で、私の心をズバッと射抜いたのは、初連載の新人・太田モアレの『鉄風』であった。


身長182センチの巨娘・石堂夏央は、どんなスポーツもすぐにこなしてしまう超絶な運動神経の持ち主で、あまり性格のよろしくない高校生。
そんな彼女を、小柄で眉の太い元気娘・馬渡ゆず子が(総合)格闘技に勧誘して…。


いい感じに性格のひねくれ曲がってる石堂が、第1話目にしてキャラが立っている。格闘技部に体験入部して、馬渡とスパーリングをすることになった石堂、楽しそうな馬渡を見て思う

「ああ…この感じ…この控え目に自信を隠した顔… その自信が砕ける瞬間を見るのは…嫌いじゃない

周囲から誤解されがちのでもなく、ごくごく普通に性格の悪い人が主人公のスポーツマンガってあまりないような気がする。
インパクトのある石堂と対になる形で、典型的な主人公のようなキャラの馬渡が輝いている。


さらに6ページしかないスパーリングのシーンの迫力だけで、格闘系の漫画としても今後に激しく期待できる。
どうやら石堂は空手、馬渡は(ブラジリアン?)柔術の使い手のようだ。
身長差もものともせず顔面に蹴りを入れてきた馬渡(しかも、打撃技は苦手といいつつ)に激昂する石堂!
これからどうなる!?
続きが読めるのは1月。気の長い話よ。



他、「good!アフタヌーン」では香月日輪の児童文学のコミカライズ『地獄堂霊界通信』(みもり)と「ハルシオン・ランチ」(沙村広明)が面白かった。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-11-08 19:07 | マンガ