08のNEWなマンガ BEST10

いつかやりたかったBEST10もの。

2008年に新連載ないし単行本1巻が発売されたマンガを対象とする。評価基準は電卓式の根拠なき独断。

1.からん(木村紺・アフタヌーン・既刊1巻)
2.ももんち(冬目景・スピリッツ・未単行本化)
3.バクマン(大場つぐみ×小畑健・週刊少年ジャンプ・既刊1巻)
4.ACONY(冬目景・アフタヌーン・未単行本化)
5.がらくたストリート(山田穣・BIRZ・既刊1巻)
6.第七女子会彷徨(つばな・リュウ・未単行本化)
7.ハックス!(今井哲・アフタヌーン・既刊1巻)
8.70億の針(多田乃伸明・フラッパー・既刊1巻)
9.まんがの作り方(平尾アウリ・リュウ・近日1巻発売予定)
10.ZODIAC GAME(真じろう・BLADE・既刊2巻)


まぁ2とか4は連載はじまったの今年じゃなかったり、対象となったものの基準が曖昧だったりするけど。要は来年以降の注目作ということで。


おそらく一般的に認知されてるのは、『バクマン』くらいか。
1・2・5・6については既出。

『ACONY』は愛する冬目先生の脱力系コミディー。永遠の13歳アコニーと不思議なアパートのお話。長い休載を経て、今年復活。来年中には念願の1巻が発売されるのは間違いないだろう。

『ハックス!』は高校のアニメ部がアニメを作っていく話。四季賞出身の作者の初連載で、絵はあまり上手くないが、力の抜けた主人公たちの会話が面白い。

『70億の針』も作者初の連載だと思われる。フラッパーのお家芸・本格SFの新作。タイトルは古典的SF作品『20億の針』より。独特なシャープな雰囲気が魅力的。

『まんがの作り方』も作者の初連載作品(というかデビュー作がそのまま連載化)。百合モノのマンガを描くためという不純な動機で、自分を慕う後輩(マンガ家)と付き合い始めた売れない漫画家の先輩の話。面白いです。単行本の発売が楽しみ。

『ZODIAC GAME』も作者の初連載かな?最近流行りの「ゲームもの」。負けたら死ぬってやつです。真じろうがどういう経歴の持ち主なのかは分からないけど、えらく絵の上手い新人である。アニメーターっぽい。アニメ化されないかな。


ざっと、簡単に。いつか個別に詳細書くかも。
来年もやります。ブログやってたら。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2009-01-07 00:22 | マンガ