<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日発売のアフタヌーンで『ハツカネズミの時間』最終回を迎えた。
作品全般に関してはまた単行本が出てから書くとして、今回は最終回について。

普通にネタバレを含みます。ご注意を。


まずは、終わったか~、て感じ。
っていうのも未完の作品が異常に多いことで冬目景氏は有名なのだから。。

何ってたって『ハツカネズミの時間』が完結しても
『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)
『黒鉄』(モーニング)
『ACONY』(アフタヌーン)
『LUNO』(少年ガンガン)
『幻影博覧会』(バーズ)
『ももんち』(スピリッツ)
の5作品が未完のまま一時休止ないし何年単位で停止中という状態。

デビューから15年くらいは経ってるはずなのに複数巻にまたがって連載して完結したのは『羊のうた』のみという徹底ぶり。
ちなみに遅筆と言われることもあるけど、それは正確じゃないよ。基本的にどれかの雑誌に毎月作品は掲載されているからね。連載がばらけるから単行本の出版に時間がかかるだけ。

だから完結しただけで既に驚き。


さて、最終回の中身について。
一応伏線の回収は終わったと見て問題ないと思う。

学校の閉鎖が決定して、槙は桐子と暮らした町に一人で戻ってきた。
桐子が働いていた店でバイトをして生活していた槙のもとに自殺騒動を起こしていた棗が訪ねてくる。全てを思い出した棗に槙は棗と分かれてからのことを語る。
回想の最後、椋と茗は他校への進学を決めたことが明かされる。
作られた日常を懐かしいと思いながらも、二人は「現実」を生きていく。

そして一人で住む部屋に帰ってきた槙は桐子との別れを思い出す。
桐子は梛と残された時間を過ごす道を選んだ。12年前の桐子のように槙は一緒に行こうと誘うが、桐子の心は変わらない。桐子は梛の「家族」として傍らにいることを決心していた。
さよならは言わずに槙と桐子は別れた。
再び一人の部屋。するとノックが…。
扉を開くと、そこには桐子ではなくすっかり打ち解けた金井と三夜が遊びに来ていた。(了)


まぁざっとこんな感じ。
なかなか良い終わり方だったけど、果たして作者の予定通りだったのかは不明。
先々月号は普通に掲載して、休載だった先月号に突然最終回の予告が出たのがまずひっかかるんだよ。
打ち切られるほど人気もなくはなかったはずだし、打ち切りではないと思う。
ただ先々月号の終わり方だと最終話は近いかな、とは感じたけど、まさか次で終わらせるとは思わなんだ。
正直、棗や木綿子のエピソードにもうちょっと時間使って欲しいと思うところもあるし。
まぁでもさすがに桐子と槙の別れのところは上手い。
グダグタ続けるよりは一気に飛ばした方が面白い。思えば『羊のうた』も最終回で結構とばしたよね。ちょうどあんな感じ。



桐子と槙は再会することはあるのかなぁ。さよならは言わなかったけど、もう会うことはないんじゃないだろうか。
もし最後のコマが部屋がノックされたところで終わってたら、再会を期待できたのに!
普通に開けると、金井と三夜。明るい雰囲気で終わってるけど、ちょっと寂しい。周りに適合して、色んなことを経験するうちに槙にとって学園も桐子も遠い思い出になってしまいそうで。

伏線は回収したけど、全てのキャラクターのそれからの明確な未来を作者は提示しなかった。
もしかしたら梛は桐子のために闘病生活に入るかもしれない。そうすれば奇跡だって起きるのかもしれない。
全ては読者の想像に任せられたんだねぇ。

なかなか余韻のあるラストだった。


不満は、『ACONY』の連載再開を匂わせただけで、具体的な予定を出してくれなかったこと。
今年中に1巻出ると良いんだけど~。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-26 00:22 | マンガ

『オペラ座の怪人』

2004年のジョエル・シュマッカー監督版。

まぁ何にしても原作つきの映画って難しいよね。原作ファンからは「原作と違う!」って言われるし、原作読んでない人からは「イマイチ分からない」って言われるし。(『ハチミツとクローバー』がその象徴だと思う)

ただ、この映画に関しては宣伝でも「大ヒットのブロードウェイ・ミュージカルの映画化!」ってされてた通りガストン・ルルーの原作と言うよりアンドルー・ロイド・ウェバーのミュージカルの映画化の方が近いみたいだから、話はわかりやすくまとまってる。

当然ファントムをどうやって描くかが『オペラ座の怪人』を題材にする上で一番重要なところだろうね。
自分の感覚だと、結構原作の雰囲気には近いと思う。
まぁオレは一読しただけで原作ファンじゃないから、特別語れるわけじゃないんだけど。
オレの解釈としては、ファントムは嫉妬深いストーカー気質の人間って感じなんで、映画にそんなに違和感はなかったな。
もっと見た目醜くても良かったと思うけどさ。髑髏のような、とか腐臭がする、とか書かれてた原作に近づけた方がショッキングなのに~。

まぁ違うなぁと思ったのはラウル!ボンボンで若干ダメ人間だった彼は完璧ヒーローになってた。っていうか、そうじゃないと盛り上がりに欠け過ぎるか…。

他にも設定に大小色々違いがあったけど、最大なのは<ペルシャ人>の不存在だろう。
原作の終盤は<ペルシャ人>の手記という形で進行するから、かなりビックなキャラだったけど、ラウルが終止主役の位置にいるためバッサリ切られてる。
物語もエピソード的には同じようなもので構成されているけど、順番の変更が見られた。

有名なシャンデリア落下を終盤に持ってくるのは良かったんじゃないかな☆。あそこが一番撮影大変だったろうし、実際迫力あった。中盤で入れちゃうと尻すぼみが確実だから、上手い構成だったと思う。


ラスト、クリスティーヌによってファントムが救いを得るところはやっぱりセンチメンタルな気分になったなぁ。
誰にも愛されず生きてきたファントムはクリスティーヌのキスで人としての存在を肯定してもらえたような感覚を味わったのだろう。
悲しすぎる存在のファントムが死なないでくれていたのは嬉しいよ、オレは。そういったアレンジはあり!


劇中、映像がとにかく華やか!仮面舞踏会やシャンデリア落下、オペラ座の様子までまさに豪華絢爛!!ああいう迫力あるシーンってどうやって撮るんだろう。不思議だ。
ただね~。迫力ある映画を家で見るたびに思うんだけど、できれば映画館で観たかった。
華やか過ぎて、どこか作りものっぽさをDVDで観ると感じちゃうんだよ~。


まぁ総じて悪くない映画だから普通に興味があれば観てください。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-25 03:07 | 映画

今日から開催された冬目景の個展に行ってきた。

初日は発売されるサイン本等のグッズのこともあり、結構並ぶという情報を聞いてたから1時間も前に会場に着いたにもかかわらず、既に18人も前に並んでた…。恐るべし冬目ファン!


11時の開場と同時に順次グッズ売場へ。
押し合いになりながらサイン本を確保。
『イエスタデイをうたって』(1)、『羊のうた』(7)、『幻影博覧会』(1)、『文車館来訪記』のサイン本とサイン入りのポストカードをゲット!念願だった冬目先生のサインをついに手に入れられたよ。

興奮しまくりで展示されている絵を鑑賞。
今更こんなことを言うこと自体が失礼な気がするけど
絵、上手いな!

各作品の原画が展示されてたんだけど、一番好きだったのは『ACONY』の絵だったなぁ。
『ACONY』の絵は販売もされてたんだけど、さすがに1万オーバーは手が出ませんでした。

あぁ早く働きたい!


あと、朗報!
ついに『ACONY』連載再開らしいよ!単行本の1巻すら出ることなく休載の続いた作品が『ハツカネズミの時間』の完結により再開されるみたい。詳しくは月曜発売のアフタヌーンに載るらしいからまた書きます。
さらにさらに『イエスタデイをうたって』が4月から連載再開!『幻影博覧会』が1シリーズ終わったからそろそろじゃないかと思ってたんだけど嬉しいね!



冬目先生の魅力満載の個展、青山のGoFaにて1ヶ月間。まだ冬目作品読んだことない人でも楽しめると思うんで、行ってみてください。場所は狭いけど、最高だったよ!

冬目先生の作品を色んな人に読んでもらいたいと思う反面、馬鹿売れしてドラマ化されたり、個展に異常に人が詰め掛けたりするともの凄い寂しい気持ちになるんだろうな。
そういうこと思う人って多いんだろうか…?

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-24 01:26 | マンガ

『羊のうた』

面白ければ何でも読む!がモットーで少年誌から青年誌・少女マンガまで比較的広い守備範囲を持つ電卓式。
その20年の人生で読んだ中で最も好きなマンガはと聞かれたらまずこれをあげるでしょう。


っていうか、この作品に限らず冬目景の作品が好きで好きでたまらないんだよね~。

もし誰かが電卓式について語りたいと思ったら冬目景については外せないね。

まぁメジャーではないながらも熱烈な人が多い冬目ファン。ネットとか見てると自分なんてまだまだだなぁと思うけど、自分的には相当好きなもののひとつだよ。

語りだすとあまりに時間掛かるんで小出しに色々書いていくつもり。


とりあえず明日から始まる個展を前に『羊のうた』について。


基本的には和製吸血鬼もの。といってもホラーじゃなくて、血を欲しくなる遺伝的な奇病に掛かった姉弟の物語。

これは、ホントに神懸り的な面白さ!
全7巻なんだけど、完成度の高い映画を観たような気分になれる。


冬目景は未完の作品が異常に多いから、複数巻にまたがって連載した漫画で完結したのはこれだけなんだけど(月曜発売のアフタヌーンで『ハツカネズミの時間』が完結予定)、圧倒的な演出力で描かれてるラストは鳥肌立ちまくったよ。

結局、冬目景の魅力は
1.絵の上手さ
2.演出の上手さ

に帰結すると思う。

美大卒ということで、描こうと思えばもっといくらでも上手く書けるんだろうけど。
1巻の頃はまだ初期の荒々しさがあったけど、連載中に漫画の絵としてどんどん洗練されていった感がある。
あまり画力を強調することなく自然に描かれるキャラがとても素晴らし☆。

主人公の同級生の八重樫葉は自分の漫画の女性キャラランキングで断然1位なくらい好きです。


それに画力にも増して構図や台詞回しといったところに能力の高さが見える。
正直、冬目景のことを天才だ!とは思わないんだよね。
天才というよりは秀才というか。
感性よりも論理というか。
独特の文法みたいなものがあるんだと思う。

読んでると、特徴的だなと思うのがセリフのないコマが多いな、ということ。
それこそが、明るくても暗くても作品に共通する独特の“間”を作っているんじゃないかな。

登場人物も怒鳴ったり叫んだりすることは少ないから静かな感じを受ける。

“吸血鬼もの”であるにも関わらず作中で噛み付くシーンはわずかに2回。その両方とも静かで美しくとても印象的な場面だった。
セリフを多用しない心象描写の巧みさは、ホントに凄い!それにクサいセリフやあざとい演出が少ないからちょったしたセリフや仕草にもメチャメチャ感動するんだよね。


あまり取り上げられているのを見ないけど、間違いなく傑作。是非読んで欲しい漫画だよ。



明日からついに個展が始まる!今年で4回目らしいけど行くのは初めて。超楽しみだぁ!e0128729_0152154.jpg

e0128729_0154034.jpg

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-23 00:10 | マンガ

せっかくなんで前回の桐幡歩に続けて、最近個人的に注目なマンガ家さんいついて。

ホコというマンガ家の知名度は、おそらく現時点ではかなり低いと思われる。


まぁデータがないから詳細は分からないけど、確認できたのはコミックバーズに3回読みきりが掲載されたということだけ。
ということは、コミックバーズを買ってる人しか多分知らないでしょう。


簡単に作風を説明するなら
独特なタッチでベタベタなヒューマンドラマの短編を描くマンガ家
って感じかな。


残念なことに第1回目の掲載は読めなかったんだけど、第2回の『故郷』と第3回の『いつか』ともになかなかの佳作。
若々しさがないのが魅力なんだよね笑。

『故郷』は亡くなった高校時代好きだった女性の葬式で約20年ぶりに故郷に帰った男が、彼女の思い出を通して嫌いだった故郷に前向きな気持ちを抱くというお話。
『いつか』は結婚に踏み切れない男が、5年ぶりに学生時代の友人たちと会い、家族や幸せについて考えていくお話。

『故郷』が16ページ、『いつか』が24ページしかない短編ながら、情報の与え方が上手で、ひとつのドラマがしっかりと出来ていると思う。

読むと心温まるよ~。
展開としてはベッタベッタだけど、マンガでこれをやる人って案外少ないような気がする。

柔らか味のある太い線で描かれる人物も含めて、とても優しいマンガを描く人だよ。


これから長期連載を持つ予定があるのかどうかは分からないけど、とりあえず作品集の発売希望!

多分大ヒットにはならないだろうけど、固定ファンは結構出来るんじゃないかなぁ。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-21 00:31 | マンガ

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか』

長いタイトルだ。
スタンリー・キューブリックの代表作の一つで、1964年公開のイギリス映画。
冷戦下、一人の狂気で始まる核戦争の恐怖と利己的かつ俗物な政治家たちが大騒ぎする様を描いたブラック・コメディ。監督最後の白黒作品。

ちなみにタイトルの『博士の異常な愛情』の原題は『Dr.Strangelove』。Strangeloveは劇中の登場人物の名前だから、正式な訳は『ストレンジラブ博士』なんだけどね。
まぁ間違いなく誤訳だけど、なかなかシニカルな邦訳で作品の雰囲気が伝わりやすいからオレ的には良いと思う。

恥ずかしながら、初のキューブリック監督作品の鑑賞だった。
キューブリック監督って、マンガで言うところの藤子・不二雄A先生のイメージなんだよね。
最大級の巨匠でありながら異端ともいうべき立場にいる存在って感じで。
まぁ見当違いかもしれないけど…(笑)

悲劇的な終末を笑いで終わらせる演出は凄いな!


結局、冷戦下の中でも核戦争の脅威って常に付きまといながらあまりリアルさを伴ってなかったんだろうね。
核投下って言われると誰もが「馬鹿馬鹿しい」とリアクションするのだもの。

でも、何だかんだ言ってもこの映画が撮られてから40年以上経つのに未だ核の脅威は消えてないわけで。
っていうか、核爆弾で滅ぶかどうかは別にしても、人類が生きてる以上核の脅威ってずっと続くような気がする。
撃たなくったって、持ってる限りこの映画のリッパー将軍みたいに妄想に取り付かれた誰かが撃つかもしれないし、もっといえば作り方が存在する以上、ずっと付きまとうんじゃないのかなぁ。


水爆の恐怖を真正面から捉えた映画としては黒澤明監督『生きものの記録』があるけど、こちらもおススメ。
こちらも“妄想”に取り付かれた男の話。
『生きものの記録』は悲劇だけど、やはり馬鹿馬鹿しさがどこか付きまとう。

キューブッリク監督は『博士の異常な愛情』を撮るにあたって、シリアスな『赤い警報』を原作にしながら「題材の観念自体が馬鹿馬鹿しい」とコメディにしたそうな。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-17 16:31 | 映画

『夏目友人帳』

野郎のクセに少女マンガが好きで、ごくごく普通に本屋に行くと少女マンガのコーナーに足を運ぶ習慣がある。
友人は店員の眼が気になると言ってたけど、そこら辺はやっぱり慣れてくもんだよ。

先月、中野のまんだらけに物色しに行ったときに、少女マンガの一押しのコーナーに置いてあったシリーズが気になって、一巻を買うとこれがなかなかオレ好みのマンガではまる!

それが緑川ゆきが描く妖怪マンガ『夏目友人帳』。

ただし妖怪マンガといっても水木しげる先生的な本格派じゃなくて、基本的にオリジナルの妖怪が出てくるのが特徴的。
1話完結で夏目少年と妖の出会いと別れが毎回描かれるお話。

現在4巻まで出てるんだけど、第1話以降変わらず毎回同じモノローグで始まるパターンを貫いてるから一応どこからでも読めるよ。

モノローグで説明されるのは
1.昔から人に見えない変なものが見えたこと
2.身寄りなく疎まれて、たらい回しにされていたが心優しい藤原夫妻に引き取られたこと
3.妖が見えることは人には秘密なこと
4.ニャンコ先生は招き猫と同化しているから他人にも見えるため、飼い猫としてともに暮らす自称用心棒の妖怪であること
5.若くして死んだ祖母のレイコも妖怪が見えたこと
6.強力な妖力を持つレイコは出会った妖怪に片っ端から勝負を挑み、いびり負かして子分になるよう証として紙に名を書かせ集めていたこと
7.その「友人帳」を持つものに名を呼ばれると妖怪は決して逆らえないこと
8.「友人帳」を遺品として受け継いだ夏目貴志は妖怪に名を返していってること
以上。
これで話の基本設定は全部押さえられる。


人が見えないモノを見える孤独から人と関わらずに生きてきた夏目は、「友人帳」を通して同じ孤独を生きていた祖母を知り、藤原夫妻(特に塔子さん)を通して人の温かさを知り、ニャンコ先生との出会いをきっかけに嫌っていた妖怪の優しさを知り、徐々に周囲に心を開いていく様子が、まず温かい展開。

各話妖怪と知り合っては別れていくんだけど、妖怪の去り際がもの凄い感傷的で毎回結構泣ける!
良いなぁと思うのは、夏目がワザとらしく号泣したりすることはなくて、いつもポーカーフェイス。
にゃんこ先生に語るセリフとか心象表現がじんわりくるんだよね~。


まぁキャラクターに表情が少ないような気がするけど、名前返すところとか妖怪が消えるところの演出は上手い!


そろそろ5巻が出るはず。話も少しづつ動き始めて来た感があるし、楽しみだなぁ。



あと、どうしても「お前を食うのは自分だ」って良いながら近くにいるニャンコ先生って『うしおととら』のとらと被るんだよね(笑)。

e0128729_23553730.jpg

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-15 00:54 | マンガ

『モンスーン・ウエディング』

2001年製作のインド映画(アメリカ・フランス・イタリア合作)。監督はミーラー・ナイール。2001年のヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。


インド伝統の結婚式を舞台にした群像劇。
親が持ってきた縁談で結婚することになったアディティ。父親はインド伝統の結婚式を盛大に開こうと奮闘し、世界中から親族がやってくる…。


おススメの映画。

インド映画っていうと意味も無く歌って踊るってイメージがあったんだけど、これは良いよ。
たしかに歌も踊りもあるけど、ミュージカルじゃなくて物語に自然に入ってるし。


映画の中には日本人がイメージするインドがあふれている。
服だったり、音楽だったり、街中の様子だったり、コンピューターのエンジニアだったり。
ただ、意外だったのはインド人って全員じゃないんだろうけど英語喋るんだね。インド語だと思ってたよ。


物語で主に描かれているのは
1、不倫を断ち切れない花嫁のアディティ。
2、独身の従姉の隠された過去。
3、ウエディングプランナーとアディティの家の女中の恋愛。
4、父の家族愛。

各ポイントに偏り無くスポットライトが当てられていて、奇をてらった展開があるわけじゃないけど感情移入しやすい。
特にラストの父親のカッコ良さがたまらない!劇中で一番泣ける場面だと思う!

一つ一つと絡まった糸がほどけていって迎える大円団のエンディングも明るい気持ちになれる華やかさ。


そしてインド美人は素晴らしい!(笑)女中のアリス演じるティロタマ・ショームが凄く良い感じだったよ。


誰にも勧められる良作のヒューマンドラマだったので、是非観て下さい☆。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-10 22:29 | 映画

『第六大陸』

最近、小川一水の小説にはまってます。
まぁまだ読み始めてからそんなに経ってないから、4作品のべ9冊しか読んでないけど、今日はその中の1作から。


個人的に小川一水の魅力は①アイディアレベルでの差別化②徹底的に描かれたデティールにあると思ってる。

基本的にSFを舞台に、人とは若干違う視点で物語を書くんだよね。
それにとにかく科学技術の描写が細かい!その正確さは文系の自分にゃ分かりもしないけど、こだわって創ってある感じがとてもいいと思う。


で『第六大陸』はどんな話かというと、2025年から10年計画で建設会社、レジャー企業、民間のロケット会社が月に結婚式場を作ると言うお話。

小川一水はジュブナイル小説もたくさん出してるけど、この作品は一般にハードSFに分類されている本格派。

世界一の技術力を誇る後鳥羽創建、画期的な新型エンジンのアイディアがありながら資金不足で実現できない天竜ギャラクシートランス社が真の目的がイマイチ分からない依頼主のエデン社とともに壮大な計画に挑んでいくプロジェクトX的な展開が熱い☆。

最初の中国の月面有人基地の視察からはじまって、6分の1の重力下での想定されるさまざまのシチュエーションが物語に織り込まれていて、まぁ細かい細かい!
このリアルさが良いんだよね!


ちなみに主人公は後鳥羽総建の技術屋・青峰走也とエデン社の会長の孫娘・桃園寺妙の二人。
物語の冒頭では13歳だった妙はエンディングでは24歳にまで成長。最初は萌えキャラみたいだったのにもラストではすっかり幼さも消えた大人に…。


自分的には圧倒的な資金とノウハウを持つNASAとの直接対決とか初の死亡事故あたりが読み応えがあって好き。



全体的にバランスもいいし、好きな小説の中なんだけど、物語設定の緻密さに比べて人物にあまりリアリティーが感じられないのがやや難かな。
個性あるキャラクターがステレオタイプにはまっててどこか漫画的なんだよね。
特に桃園寺一家のキャラ付けが気になった。

同じくハードSFに分類される『導きの星』ではそこまで気にならなかったんだけど、設定だけじゃなくて物語自体がリアルになっている分だけ、よりキャラクターが浮いちゃってると思う。


まぁそうだからこそドラマチックな展開になってるって一面もあるだろうから一長一短なところではあるんだけど。


とりあえず、『第六大陸』と並ぶ代表作『復活の地』は遠からず読むつもり。
こちらは他の惑星での災害復興物語。楽しみです。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-10 00:24 | 小説

『BLOW UP!』
細野不二彦。1988~89年掲載。全2巻。

プロのジャズ・ミュージシャンを目指して大学を辞めた菊池青年が下積み時代を終えるところまでを描く作品。
読みたい読みたいと思いながら代表作『ギャラリー・フェイク』も読んだことない細野不二彦作品、昔の比較的短い作品を選んで読んでみた。

いやぁ良かったよ。良い漫画だった!

自分はジャズに興味があるけど、知識はゼロだから、ジャズ・バーで話題に上るミュージシャンの名前も作中で使われる曲も何にも分からなかったけど、やっぱりドラマ部分がしっかりしてるからはまり込めた!

物語は基本的に1話完結式で、菊池が色んな人と知り合って、色んな仕事をして才能を開花させていくまでを描くんだけど、
その知り合う人は大物ミュージシャンだったり、売れないミュージシャンだったり、アイドルだったり、果てはヤクザまで。

みんな大なり小なり影響を与えていくんだよね。

特にバイト仲間の冴えない小田さんが凄く良かった。
お金を貯めてばっかりで、馬鹿にされている小田さん。実は陰でメチャメチャ努力していて、貯めたお金で本場ニューヨークに単身旅立っていく。

「もしかすると実際に夢を生きているヤツほど 夢を語らないものなのかも…な…」
小田さんのニューヨーク行きに関して、上司が菊池に言ったセリフより。

大きいコト言う人ほど口先だけだったりするんだよね。自分も気をつけなければ…。


華やかさは全然ないけど、愚直なまでに自分の決めた道を進んでいく菊池。
最初は緊張して失敗をしていた彼が、仲間とともに堂々と大観衆見守るステージに立つ姿は感動的だよ。
「自分の生まれた場所より、一歩でも遠くへ!」

ジャズを聴いてみたくなると同時に、自分のいるところで努力しようと思える漫画だと思う。

[PR]

by dentaku_no_uta | 2008-02-07 02:12 | マンガ